自律神経から便秘に

なぜ便秘で苦しむことになるのでしょうか。
女性の方が便秘になりやすいと言われていますが、大腸の運動が低下しているためにそれが起こると言われています。
ただし便秘の原因はそれだけではありません。
排便がどのような感じでおこなわれているのかと言うことに触れてみましょう。 胃、小腸で食べ物は消化されて行きます。
最初は水分をとても多く含んだドロドロの状態で 大腸まで送られて行くことになります。
その段階で水分が段々と吸収されることによって固形化して肛門まで送られて行くことになります。

ここで注意をしなければならない問題は、何日も便が大腸の中に留まり続けてしまうことによって、より水分のない固形と化してしまうことにあります。
大腸と言うものが排便にとても大きな役割を持っていることを理解することが出来ますが、大腸の運動を司っているものが自律神経です。
食べ物が胃に入ると同時に自律神経によって信号が送られて行くことになります。
腸ではぜん動運動と言うものがスムーズに行われていかなければなりませんが、直腸に便が到達することによって自律神経は今度はここへ信号を送ることになります。
結果便意をもよおすと言うことになります。

現代社会の人たちはストレスなどを多く抱えて自律神経の機能が充分に果たされなくなってしまい、このような信号が腸に対して送られなくなってしまうことによって便秘などが起こってしまうことになります。
更に詳しく追求しましょう。



Copyright © 2014 便秘の原因ってなんだ? All Rights Reserved.